アレルギー性鼻炎に「ツムラ少青龍湯エキス顆粒」が副作用がなくてお勧め!

最近また鼻炎が続くのでかかりつけのクリニックに行った。 今までも薬はもらって居のだが、どうも副作用が気になる。 一つは喉がすごくかわく。また眠くなる。 以上のことを告げたらそれでは比較的副作用の少ない薬を出しましょうと言ってくれた。 それは「ツムラ少青龍湯(ショウセイリュウトウ)エキス顆粒(医薬用)」である。 1日3回毎食後服用となっている。 私の場合通年性アレルギー性鼻炎と思われる…

続きを読む

HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)が7.3から7.4へ上昇ドキッ、体重は74キロと高値安定! 糖尿病ってじぶんでなおせないのかなあ?

先日かかりつけの病院に行ってきました。採血の結果報告です。 HbA1cの値が7.4と高めでした。 「前回3か月前は7.3だったのですこし上がっています。要注意です。」と言われた。 「せめて7.0を切ることを目標にしてください」と言われた。 「ここ3か月間食をしたせいだと思う」といった。 「入院していた時のことを思い出してください。」と言われたので「わかりました頑張ります」と言った。 …

続きを読む

嗅覚、味覚の異常で「新型コロナウイルス感染」陽性判明! プロ野球選手からも新型コロナウイルス感染者

 プロ野球選手からも新型コロナウイルス感染者が出た。発熱やせき、倦怠(けんたい)感などの症状は出ていないという。数日前に「ワインやコーヒーの匂いがしない」と嗅覚の異常を訴え、24日に兵庫県内の耳鼻咽喉科と内科の2つの病院で診察を受け、25日朝も別の病院で再検査を実施。嗅覚の異常は世界各地で同ウイルスの初期症状として報告されており、チームドクターと相談した上で、この日に感染の有無を調べるPCR検査…

続きを読む

血糖値HbA1cが6.9から6.2へと下がるも血圧は144でやや高め。食事だけで、何とか正常値にしたいけど

先日11時半に病院に行った。30分ほど待たされる。まだいいほうだ。最高で1時間半待ったこともある。老い先短い私にとっては時間は貴重なのである。血液検査の結果、血糖値HbA1cが6.9から6.2へと下がっていた。血圧は144でやや高め。家では138ぐらいで140まではいかないが女医さんから「血糖値が少し下がりました。でもね~血圧が高いのでくすりをだします、飲んでください。塩分控えめにね。」とい…

続きを読む

耳鳴りがひどいのでツムラ113番の三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)を処方してもらう。副作用の腹痛、下痢が気になるも様子見とする。

後日、以前から悪かった耳鳴りがひどいようなので薬をもらいに行った。 ツムラ113番の三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)をもらった。1日2回14日分。 今まで漢方としては鼻炎用に小青竜湯(ショウセイリュウトウ)をもらっているが副作用は大丈夫か気になるところである。 というのも両方とも副作用としてね腹痛、下痢と書いてある。下痢になっては困る。 先生が出すのだから「まっ、いいか。」。 という…

続きを読む

血糖値が6.2から6.9a1cへ上がった。教育的指導あり。自己管理ができない自分が悲しい。

先日11時半に病院に行った。10分程度で診察となった。ラッキー。いつもは30分から小一時間待たされる。 血液検査の結果、血糖値HbA1cが6.2から6.9へと上がっていた。血圧は138でOK。 先生から「血糖値が上がってますよ。どうしたんですか」といわれ、「ケーキやまんじゅうを少し食べていました。」と答えた。 「いけませんね、気をつけてください。」「間食やめます」といった。「体調はどうです…

続きを読む

インフルエンザウイルスに有効ワクチン?、遺伝子操作で優れた予防効果? 有効な予防に向けた有望な一歩

遺伝子操作で新たに作製したインフルエンザウイルスに、優れた予防効果を期待することができるとした研究結果が18日、発表された。実験動物を使った今回の試験の成果により、今後のワクチン有効性の向上につながる可能性もある。  人への臨床試験はまだはるかに先の話だが、米科学誌サイエンス(Science)に掲載された研究報告について専門家らは、インフルエンザのより有効な予防に向けた有望な一歩だとして称…

続きを読む

血圧の激変 180/90mmHg~140/80mmHg 病人~健康人 血圧って何なの

先日糖尿病の薬をもらいにかかりつけの病院に行った。 ここでは待合時間に血圧を測ることになっている。 いつものように計った。するとなんということでしょう➀180/90mmHgと表示されました。ウソだろー。今まで高くても160mmHgしか記憶がなかったのに。家庭では140mmHgいないで治まっていたので気にも留めなかったが、機械の故障かなと思い、深呼吸を2-3回してもう一度計ってみた。➁150/…

続きを読む

アルコールの摂取は、DNAを損傷してがんのリスクを高める

英ケンブリッジ大学の研究チームが、アルコールの摂取が、DNAを損傷してがんのリスクを高めると発表した ■アルコールがDNAを損傷 1年で最もお酒を飲む機会が多くなると思われる年末年始のこの時期、お酒を愛する人たちにとって気になるニュースが報じられた。アルコールが、DNAを損傷してがんのリスクを高めるというのだ。英ケンブリッジ大学のケタン・パテル教授率いるチームが、英MRC分子生物学研究所…

続きを読む

オーストラリアのビクトリア(Victoria)州で安楽死を合法化

オーストラリアのビクトリア(Victoria)州議会は28日、同国の州として初めて安楽死を合法化する法案を可決した。 2019年6月から施行され、末期患者が自身の命を絶つために致死性の薬物を要求する権利を認める。  物議を醸した安楽死に関する法案は100時間あまりにわたる議論の末、ビクトリア州議会を通過。同州は安楽死が合法化されるオーストラリアで唯一の州となる。  ダニエル・ア…

続きを読む

2017年版 「林修の今でしょ!講座」名医100人が教える風邪予防&対処法のベスト5

2017年11月21日(火)にテレビ朝日系列で放送された「林修の今でしょ!講座」は名医100人が教える風邪予防&対処法という内容でした。 風邪予防&対処法のベスト5(TOP5)が紹介されていた。 ①風邪予防ベスト5 1-手と顔も洗う。 外気と接している面を洗うことによってウイルスを除去できる。 2-緑茶でうがいをする。 風邪を引くと、のどに菌がつき炎症を起こし…

続きを読む

ヒートショックの死亡は交通事故死亡の3倍以上だ! 10大予防法とは?

東京都健康長寿医療センター研究所によると、2011年の1年間に東京都健康長寿医療センター研究所によると、2011年の1年間にヒートショックに関連した入浴中急死者数は、約1万7,000人であったという。これは交通事故による死亡者数(4,611人)の3倍以上にあたる。お風呂を医学的に研究している東京都市大学人間科学部教授で医師の早坂信哉先生は、ヒートショックを防ぐために大切なことを3点紹介している。…

続きを読む

インフルエンザでは早期受診、早期診断、早期治療開始が重要

例年よりも早く流行の開始が報告された2017年のインフルエンザ。インフルエンザでは早期受診、早期診断、早期治療開始が重要です。※厚生労働省のホームページより1.はじめに この冬のインフルエンザの流行に備え、「今冬のインフルエンザ総合対策」を取りまとめ、国や地方自治体がインフルエンザ対策に取り組むとともに、広く国民の皆様にインフルエンザに関する情報を提供し、適切な対応を呼びかけることといたしました…

続きを読む

「善玉菌」を取り入れて腸内細菌のバランスを整えると、クローン病治療の助けになる可能性がある

特定の種類の「善玉菌」を取り入れて腸内細菌のバランスを整えると、クローン病治療の助けになる可能性があるとの研究結果が15日、発表された。痛みを伴う炎症性腸疾患のクローン病の患者数は世界で数百万人に上っている。  クローン病の症状には、頻繁な下痢、発熱、筋けいれん、倦怠(けんたい)感、直腸出血、原因不明の体重減少などがあるが、原因はまだ解明されておらず、根治的治療法は確立されていない。不定期に現…

続きを読む

11月14日は養生訓の著者=貝原益軒の誕生日であり、世界糖尿病デー(World Diabetes Day)

★貝原益軒貝原益軒(かいばら えきけん、1630年12月17日(寛永7年11月14日) - 1714年10月5日(正徳4年8月27日))は、江戸時代の本草学者、儒学者。江戸前期の儒者,博物学者,庶民教育家。名は篤信,字は子誠,通称は久兵衛。号は損軒,晩年に益軒と改めた。先祖は岡山県吉備津神社の神官で祖父の代より黒田氏に仕え,父は祐筆役らしく,その四男として福岡城内東邸に生まれた。 幼少年期に父…

続きを読む

日本は世界一平均寿命と健康寿命が長い。経済協力開発機構(OECD)と世界保健機関(WHO)の最新統計による

経済協力開発機構(OECD)が10日に発表した報告書によると、加盟国35か国の平均寿命はこの50年で10年程度延びており、中でも健康的な生活を送り、所得が高い層ほどその傾向が強い。 OECDの「図表で見る医療(Health at a Glance)2017年版」によると、米国、カナダ、オーストラリア、日本と大半の欧州諸国を含む加盟国では1970年以降、平均寿命が10年以上延び、80.6歳に達して…

続きを読む

鼻炎悪化の為「小青竜湯とカルボシステインとトランサミンカプセル」の3種類の薬を飲むことになりました。

季節の変わり目かどうかわかりませんが鼻炎がひどくなり、普段は耳鼻科に行くところ糖尿病の定期検診の為内科を受診しました。 今まではツムラの「小青竜湯」で治まっていたのですが、鼻水、鼻詰まりがひどいです。 先生に話すと薬を追加してくれました。➀カルボシステイン錠500mg ②トランサミンカプセル250mgです。 これで小青竜湯とカルボシステイン、トランサミンカプセルと3種類飲むことになりました…

続きを読む

マダニ感染症にインフルエンザ薬「アビガン(一般名ファビピラビル)」が効果あり!

「マダニ感染症にインフルエンザ薬「アビガン(一般名ファビピラビル)」が効果あり」と愛媛大学などの研究チームが発表 愛媛大学などは9日、マダニなどが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の治療に、インフルエンザ薬「アビガン(一般名ファビピラビル)」が効果を示したと発表した。 グループは昨年、50~80代のSFTSの患者10人に5~14日間のませた。2人は治療開始時に多臓…

続きを読む

夜納豆の驚くべき「美容と健康」に効く効果とは?

夜納豆の驚くべき「美容と健康」に効く効果とは?まず納豆の通常の効果とは1.納豆の四大効果について①血栓溶解作用が高い! 血の塊のことを血栓というのですが、血液の粘性がアップすると血栓ができやすくなります。血栓が原因で、脳梗塞が起こることも多いです。 納豆に含まれているナットウキナーゼには、血液をサラサラにしてくれる効果があります。薬にすると月額2万円分の効果を、納豆を食べることで得られるのです。…

続きを読む

炭水化物の摂取割合が多い人は死亡リスクが高く、脂質の摂取割合が多い人は死亡リスクが低い

炭水化物の摂取割合が多い人は死亡リスクが高く、脂質の摂取割合が多い人は死亡リスクが低い 炭水化物(糖質+食物繊維)の摂取割合が非常に多い人は死亡リスクが高く、脂質の摂取割合が多い人は死亡リスクが低いという意外なデータが、世界の18の国・地域の13.5万人以上を対象にした研究で得られました。■「低脂肪食」は本当に健康に良いのか 現在世界的に用いられている食生活ガイドラインは、低脂肪食(総摂取エネ…

続きを読む