4歳の少女がマラリアで死亡 イタリアにて

イタリアで4歳の少女がマラリアで死亡する事例が発生し、医療界を当惑させている。この少女は同国北部でマラリアに感染したとみられるという。治療に当たった医師らが5日、明らかにした。  トレント(Trento)にあるサンタキアラ(Santa Chiara)病院の感染症科長クラウディオ・パテルノステル(Claudio Paternoster)氏はAFPに対し「このような例は今まで見たことがない。不…

続きを読む

9月3日は「S-903納豆菌の日 」納豆は美しく、元気で長生きにいい

納豆は抗菌作用もあるバランス栄養健康食品 9月3日は「おかめ納豆」で知られるタカノフーズ株式会社が「S-903納豆菌の日 」として制定した日である。 ●S-903納豆菌の日 おかめ納豆 すごい納豆S-903 40g×3 - 楽天マート(ネットスーパー) 「おかめ納豆」で知られるタカノフーズ株式会社が制定。S-903納豆菌は同社が保有する2000種類以上のオリジナル納豆菌の中でも…

続きを読む

デングウイルスのヒトへの感染を防ぐために、細菌に感染させたネッタイシマカを多数、自然界に放出 リオデジャネイロにて

ブラジルのリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で29日、蚊を媒介したデングウイルスのヒトへの感染を防ぐために、細菌に感染させたネッタイシマカを多数、自然界に放出する1回目の試みが行われた。  フィオクルーズ研究所(Fiocruz Institute)の研究員らは記者団の前で、共生細菌「ボルバキア」に感染させたネッタイシマカを大量に放虫した。狙いは、繁殖によってこの細菌が拡散され…

続きを読む

米研究チームが海底で発見された緑色の海綿動物が、膵臓(すいぞう)がんの治療に有効な「新兵器」になり得ると発表 重要な第一歩に

米アラスカ(Alaska)州沖の太平洋(Pacific Ocean)の暗く冷たい海底で発見された小さな緑色の海綿動物が、膵臓(すいぞう)がんの治療に有効な「新兵器」になり得ると、米研究チームが26日発表した。  膵臓がんは侵襲性の特に強い腫瘍で、治療が難しいことで知られる。初期症状が出にくく、診断されたときには治療法が限られてしまっている場合が少なくない。  くすんだ緑色をした海綿(学名…

続きを読む

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のタルク(滑石)を成分とする同社の製品に対し、4億1700万ドル(約460億円)を支払うようロサンゼルスの陪審が命じる

米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)の陪審は21日、米製薬・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に対し、タルク(滑石)を成分とする同社の製品の使用が原因で末期の卵巣がんを患ったとして訴えた女性に4億1700万ドル(約460億円)を支払うよう命じた。J&Jは評決を不服として上訴する方針。  タルクを使用した同社の製品をめぐっては、がん…

続きを読む