5月31日は『世界禁煙デー』喫煙は百害あって一利なし

5月31日は『世界禁煙デー (World No-Tobacco Day)』 : 国際デーの一つです。 喫煙が原因とみられるガンや心臓病等で毎年多くの人々が亡くなっていることから国連の「世界保健機関(WHO)」が、世界人類の健康の為に禁煙を推進しようと1989(平成元)年に制定。 ※毎年、世界で300万人が、喫煙が原因とみられる「がん」や「心臓病」で亡くなっており、このままでは2030年代初…

続きを読む

桂ざこば脳梗塞で倒れ緊急入院 脳梗塞の傾向と対策

上方落語家、桂ざこば(69)が左中大脳動脈閉塞(へいそく)症、塞栓(そくせん)性脳梗塞で倒れ、緊急入院したことが28日、分かった。所属事務所によると、前日27日に6月1日に開幕する大阪松竹座公演「銀二貫」けいこに向かう途中、ざこばの足元がふらつくなどし、弟子や公演スタッフ、共演者らが「これはおかしい」と救急通報し、大阪市内の病院に搬送された。  事務所によると、搬送当時は「意識はあった」と…

続きを読む

ローソンが総菜「ローソンセレクト サラダチキン(ハーブ)」(税込価格210円)に異物が混入されていたとの消費者の連絡を受け、同製品を自主回収

ローソンは5月25日、ローソン店舗で販売されている総菜「ローソンセレクト サラダチキン(ハーブ)」(税込価格210円)に異物が混入されていたとの消費者の連絡を受け、同製品を自主回収したと発表した。 ローソンによると、5月18日に、青森県内のローソンで「ローソンセレクト サラダチキン ハーブ」を購入した女性客から「爪のような白い固形物が入っていた」と申し出があったという。これを受け、ローソン…

続きを読む

筋肉が衰えるALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の治療薬につながる複数の物質を発見か?iPS細胞で

5月25日8時よりの羽鳥真一モーニングショーにおいてレギュラーコメンテーターの玉川徹が山中教授にあるインタビューをしていたところ「筋肉が衰えるALS(筋萎縮性側索硬化症)患者のiPS細胞を使って治療薬につながる複数の物質を見つけた」。という内容の話が出たという。 来週に特集する予定ということだ。 急ぎネットで調べてみた。 慶応義塾大の岡野栄之教授らは、筋肉が衰えるALS(筋萎縮性側…

続きを読む

イエメンで流行しているコレラで数週間で209人が死亡し、さらに感染が疑われるケースが1万7200例 ユニセフの報告

国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)は17日、内戦状態にあるイエメンで流行しているコレラにより、ここ数週間で209人が死亡し、さらに感染が疑われるケースが1万7200例に上っていると発表した。  ユニセフのイエメン支部によると、コレラに関連した死者の数は「驚異的に増加」しているという。また同支部の報道官はAFPに対し、コレラとみられる新たな発症例が1日3000件のペースで報告されていると…

続きを読む