筋肉が衰えるALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の治療薬につながる複数の物質を発見か?iPS細胞で

5月25日8時よりの羽鳥真一モーニングショーにおいてレギュラーコメンテーターの玉川徹が山中教授にあるインタビューをしていたところ「筋肉が衰えるALS(筋萎縮性側索硬化症)患者のiPS細胞を使って治療薬につながる複数の物質を見つけた」。という内容の話が出たという。 来週に特集する予定ということだ。 急ぎネットで調べてみた。 慶応義塾大の岡野栄之教授らは、筋肉が衰えるALS(筋萎縮性側…

続きを読む