中国では、タバコに関連した疾病で死亡する人が毎年100万人を超えている。【喫煙は百害あって一利なし】

中国では、タバコに関連した疾病で死亡する人が毎年100万人を超える。 もし有効な措置が取られなければ、2030年にはこの数字が毎年200万人、2050年には300万人まで増えると言われている。  現在、中国での喫煙者は3億人と言われており、喫煙率は27.7%。世界保健機関(WHO)駐中国代表処の技術官吏ケルビン・カウ(Kelvin Khow)氏は、5月27日に北京(Beijing)で…

続きを読む