糖尿病治療のため専門病院に入院 入院初日 血糖値は242(mg/dL)を記録し、ドキッ!

8月末、気温約28℃、朝10時に糖尿病治療のため専門病院に入院する。病室は6人部屋。
可愛い看護婦さんよりオリエンテーションがあった。

病室点灯は午前6時。消灯は午後9時。
食事は午前7時半、昼食は午後12時、夕食は午後6時の1日3回。風呂は日曜を除き毎日入れるとのことで一安心。石鹸、シャンプー、タオル、バスタオル、洗面器などをを持参した。

パソコンは原則禁止だがタブレットはOK。スマホ・携帯はアメニティホールでのみ使用可、私はタブレットとガラケーを持参した。TVはイヤホンで聞く、有料・ブリベードカード方式。携帯ラジオを持参。etc.等であった。

薬は継続中の「テネリア20mg朝1錠+インスリン・トレシーバ注フレックスタッチ」。

早速、血糖値と血圧、体温の検査する。(通常は①朝食前6時30分、②昼食前11時30分、③夕食前17時30分、④就寝前20時30分{夕食約3時間後の測定}の計4回とのこと)
●血糖値
②11時30分   175(mg/dL){食前}
③17時30分 175(mg/dL) {食前}
④20時50分 242(mg/dL){夕食約3時間後}
(今日は入院初日ということなので①朝食前6時30分は省略)

●血圧&体温
10時20分 血圧は116/74(mmHg)脈拍73 体温36.4度
20時10分 血圧は106/93(mmHg)脈拍70 体温36.4度

●入院時体重は73.6㎏であった。身長は170cmと変わらず。

初日は左手の人刺し指、中指、薬指で腹の部分にて血糖値の検査をしてもらった。

血糖値の検査は運良く痛みは殆ど感じなかった。ラッキー。

④ 20時50分 242(mg/dL){高すぎる}が夕食約3時間後の測定ではあるがやはり気になる。
何かの間違いであってほしいと願っていたが。やっぱり高血糖値であった。がっくり。

薬はテネリア20mg朝1錠+夜22時就寝前にインスリントレシーバ注フレックスタッチ8単位を使用していたにもかかわらず、糖尿病再発~。不摂生が続いたためと思われる。スイカ、メロン、アイス、ケーキ、大福、饅頭等、そして運動不足と甘い生活だった。反省~。

血圧は健康そのものだった。

昼食は医者が気配りをしてくれたせいか御粥であった。(予備診断の時に胃が少しもたれると伝えていた)
御粥は何十年ぶりだろうか胃にもたれないのがよい。

カロリーは1600kcalなので食後の空腹感がある。これも食事療法と思い、慣れるよりほかない。我慢、我慢。

病室は6人部屋で先客が二人いた。それぞれに挨拶をしておいた。

先客の二人がいびきをかかなければいいのだが。

社員旅行でも経験することであるがいびきをかくやつは寝つきがすこぶるよく、寝つきの悪い私は必ず悩まされるものである。

いびきをかくやつは10秒ほどで寝てしまうものだ。今晩は眠れず悲劇となるか?結果は明日のこととする。
就寝前にインスリン・トレシーバ注フレックスタッチ8単位を看護婦さんの立会いのもとメタボの腹をつまんで投与した。

※インスリン(インシュリン)を打ちだしたら一生涯ずっと打たないといけないの?
インスリン(インシュリン)を打ちだしたらずっと一生涯打たないといけないと信じている方もいますがⅡ型糖尿病の場合においては当初からの錠剤+インスリンはむしろ最新の治療法です。
そして血糖値が正常値に戻れば、食事療法+運動療法でうまくコントロールするか、錠剤のみの治療は可能です。

この記事へのコメント