桂ざこば脳梗塞で倒れ緊急入院 脳梗塞の傾向と対策

上方落語家、桂ざこば(69)が左中大脳動脈閉塞(へいそく)症、塞栓(そくせん)性脳梗塞で倒れ、緊急入院したことが28日、分かった。所属事務所によると、前日27日に6月1日に開幕する大阪松竹座公演「銀二貫」けいこに向かう途中、ざこばの足元がふらつくなどし、弟子や公演スタッフ、共演者らが「これはおかしい」と救急通報し、大阪市内の病院に搬送された。

 事務所によると、搬送当時は「意識はあった」と話している。現在は、病院で処置を受けており、手術も含めて、今後についてはまったく未定。「1カ月以上の入院加療を要する」との医師からの見立てがあり、松竹座公演や、MBSテレビ「ちちんぷいぷい」(月曜日)、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」などのテレビ・レギュラーの休演も決めた。

 松竹座公演については同じ事務所の桂米団治と、高田次郎が代演を務めることも決まった。


塞栓性脳梗塞などと診断され、大阪市内の病院に入院したことが明らかになった落語家、桂ざこば(69)は左中大脳動脈閉塞症も併発しており、1カ月以上の入院が必要で、同舞台やテレビレギュラー、落語会は当面休演することに。ただ、心配なのは、上方落語界の“顔”でもある、そのしゃべりだ。

 27日に舞台「銀二貫」(6月1~11日)の稽古のため大阪松竹座に向かったところ、足もとがふらつき、言葉が出にくいなどおかしな状況に関係者が気づき、救急搬送されたという。

 弟弟子の落語家、桂米團治(58)によると、ざこばはカテーテル治療などを受けており、意思疎通は可能で、体も動かせる状態。しかし、脳梗塞で心配なのは言語障害などの後遺症。

 「発症から2時間以内という早い段階で処置できたため、運動能力には支障がないそうです。ただ普通に落語ができるまでに回復するかはリハビリ次第だそうです」と演芸関係者。



★脳梗塞とは
脳梗塞(のうこうそく、英: cerebral infarction/stroke)、または脳軟化症(のうなんかしょう)[注 1]とは、脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事がある。なかでも、症状が激烈で(片麻痺、意識障害、失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれる。それに対して、ゆっくりと進行して認知症(脳血管性認知症)などの形をとるものもある。
日本における患者数は約150万人で、毎年約50万人が発症するとされ、日本人の死亡原因の中で高い順位にある高頻度な疾患である。また、後遺症を残して介護が必要となることが多く、寝たきりの原因の約3割、患者の治療費は日本の年間医療費の1割を占めており、福祉の面でも大きな課題を伴う疾患である。

 脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下し、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥り、その状態がある程度の時間続いた結果、その部位の脳組織が壊死(えし)(梗塞)してしまったものをいいます。

 この脳梗塞は、以前は脳血栓症(のうけっせんしょう)(血管が動脈硬化によりだんだん細くなり、最後には詰まってしまう状態)と脳塞栓症(のうそくせんしょう)(どこかにできた血栓がはがれて、栓子(せんし)となって脳に流れてきて詰まる状態)に分けられていました。
 しかし最近は予防的な立場からも、また脳梗塞が起きた直後の治療の面からも、脳梗塞を次の3つに分類することが多くなってきました。
(1)アテローム血栓性脳梗塞

 脳や頸部(けいぶ)の比較的太い血管の動脈硬化が、加齢、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙などにより起こり、その部位で血管が詰まってしまったり、血流が悪くなったり、またはそこにできた血栓がはがれて流れていき、さらに先端の脳の血管の一部に詰まってしまう状態です。
(2)心原性脳塞栓症(しんげんせいのうそくせんしょう)

 心房細動(しんぼうさいどう)や心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)、心筋梗塞(しんきんこうそく)などのために心臓のなかに血栓ができて、それが脳に流れてきて詰まった状態です。
(3)ラクナ梗塞

 主に加齢や高血圧などが原因で、脳の深部にある直径が1mmの2分の1〜3分の1くらいの細い血管が詰まり、その結果直径が15mm以下の小さな脳梗塞ができた状態です。
 脳卒中全体のところで書いたように、日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です。またその内容をみると、以前は日本の脳梗塞の約半分を占めていたラクナ梗塞が少しずつ減り始め、アテローム血栓性脳梗塞や心原性脳塞栓症が増え始めているようです。

◆予防は生活習慣の改善から
 脳卒中の危険因子のところで書いたように、脳梗塞が起きやすいのは高齢者(70才以上が要注意)です。また男性に多いのですが、他の危険因子である高血圧、糖尿病、脂質異常症、心臓病、ストレス、喫煙、大量飲酒、脱水、肥満などは、いずれもいわゆる生活習慣に関係したものです。

 脳梗塞の予防はまず生活習慣を正し、かかりつけ医の指導に従って、治療すべき生活習慣病を早めに治すように努力することが必要です。
◆脳梗塞の症状の現れ方
 脳梗塞の典型的な症状には、意識障害、片麻痺(かたまひ)(片方の手足の麻痺。時には片側の手あるいは足だけ動かなくなる単麻痺もある。両方の手足が全部動かなくなった状態は四肢麻痺(ししまひ)と呼ぶ)、片側の手足や顔面の感覚障害、言語障害、失語症(しつごしょう)(考えても言葉が出てこなかったり、相手の言うことが聞こえても理解できない状態)などがあります。
 ほかにも健忘症(けんぼうしょう)、同名性半盲(どうめいせいはんもう)(両眼とも視野の半分だけが見えなくなる状態)、複視(物が二重に見える)、ふらつき、嚥下(えんげ)障害などだけのこともあります。


脳梗塞の再発を予防するために心がけたい、5つのポイントをまとめました。発症リスクを低減するには、生活習慣の改善が必須となります。
脳梗塞の再発防止のためにできること
■食事を改善する
脳梗塞の予防と食生活には、深い関係性があります。規則正しい食事時間・栄養バランスを心がけるとともに、脳梗塞予防に悪い食品を避けることが大事。また、脳梗塞予防に効果があるとされる食品を積極的に取り入れるようにしましょう。

■健康食品を取り入れる
脳梗塞予防に効果があるとされる、健康食品・サプリメントに含まれる成分をご紹介。プロポリス・レシチン・食物繊維・イチョウ葉エキスの特徴と、脳梗塞予防に関する働きについてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。日常の食生活で摂りにくい成分は、健康食品を利用するのもひとつの手段ですよ。

■水分補給を正しくする
日常的に気をつけたい水分補給のポイントについて解説しています。脱水症状になると血液の流れが悪くなり、ドロドロ血液になるので注意が必要。

・脳梗塞の予防と水分摂取の関係性
脳梗塞の予防や再発防止に、水分補給は重要です。なぜなら、脱水症状になると血液の流れが悪くなり、血液の粘度が増して血管が詰まりやすくなるからです。

人間の身体は、約60~70%が水分。健康な状態を保つためには、汗や尿で排出される水分量と、外部から補給する水分量のバランスを適切にキープする必要があります。
体内の水分が不足すると脳梗塞などのリスクが高まるほか、熱中症・心筋梗塞・低血圧症状・免疫不良などの症状を引き起こすことも。さまざまな健康障害を防ぐためにも、こまめな水分補給は大切なのです。
上手な水分補給の仕方
水分補給は「飲めばいい」というものではなく、適切なタイミングで摂取することが大切です。脳梗塞を予防するための水分補給で、心がけたいポイントは以下の通り。

■水分補給は早め早めが◎
水分補給は、とくに汗をかいていなくてもこまめに行うことが大切。水分を摂取しても、身体全体に行き渡るまでには15~20分程度かかります。水を飲んですぐに血流が改善するワケではないので、こまめに補給しておくことが重要なのです。
タイミングとしては、就寝前・起床時・入浴の前後・のどが渇く前など。外出中などでもスムーズに水分補給できるよう、水筒などを持ち歩くとよいでしょう。

■適切な摂取量
人間は、1日に1.5~2リットルの水分が必要だと言われています。しかし、これらの量をすべて水で摂る必要はありません。食事・食品に含まれている水分からも摂取できますし、炭水化物・たんぱく質を分解される際にも水は生成されます(代謝水)。
多量の水を摂取しなくても体内の水分出納は保たれているので、量としてはコップ1杯程度でOKです。水を過剰摂取すると「水中毒」という病気になる恐れもあるため、くれぐれも注意しましょう。

■摂取するものに注意
効率よく身体に水分を補給するためには、水そのものを摂取した方が◎。コーヒーやビールなどでも補給はできますが、これらに含まれるカフェイン・アルコールには利尿作用があるため、飲んだ量以上に尿として排出されてしまうことがあるのです。
スポーツや外出などで汗をかきやすいときは、水よりもスポーツドリンクの方が適切。吸収がスピーディーであることと、汗と共に排出された塩分・ミネラルの補給もできるからです。ただし、スポーツドリンクは糖分を多く含む清涼飲料水でもあります。飲み過ぎには気をつけて。

■夏場はとくに気をつけましょう
夏場は汗をかくため知らず知らずに体内の水分が不足し、脱水症状を起こしやすくなります。血液の粘性も高くなり詰まりやすくなるため、とくにこまめな水分補給が必要。屋外でのスポーツ・外出、風邪による発熱・下痢などの症状には要注意です。
さらに気をつけたいのが、これといった症状が出にくい「かくれ脱水」。かくれ脱水はいつでもどこでも発生しますが、とくに注意すべきは室内・運転中・夜間です。部屋の中だから、運転中だから、夜中トイレに行きたくないからといった理由で水分補給を怠ると、いつの間にか脱水症状が進行しているケースがあります。

■生活習慣を見直す
肥満に繋がる食生活・運動不足・飲酒や喫煙など、脳梗塞のリスクを高める生活習慣について解説。それぞれの習慣が身体に及ぼす悪影響や、改善するメリットについても注目してください。

■薬物療法を行う
脳梗塞の再発を防ぐための薬剤と効果、懸念される副作用についてまとめたページ。再発を予防するには、副作用などのリスクを正しく理解した上で、処方された薬剤をしっかり継続していくことが大切です。

★桂ざこばとは
2代目 桂 ざこば(にだいめ かつら ざこば、1947年9月21日 - )は、上方の落語家、タレント。本名、関口 弘(せきぐち ひろむ)。血液型はO型。3人兄妹の次男(兄1人、妹1人)。
大阪府大阪市西成区出身。米朝事務所所属。上方落語協会会員(代表理事)。前名は桂 朝丸(かつら ちょうまる)。出囃子は「御船」(ぎょせん)。愛称は「ざこびっち」。桂雀々とは夫人同士が姉妹であるため義兄弟の間柄。甥(ざこばの妻の弟の子)にJAY'ED。

本名 関口 弘(せきぐち ひろむ)
生年月日 1947年9月21日(69歳)
出身地 大阪府大阪市西成区今池
師匠 3代目桂米朝
弟子 4代目桂塩鯛、他
名跡 1. 桂朝丸 (1963年 - 1988年) 2.2代目桂ざこば (1988年 - )
活動期間 1963年 -
活動内容 上方落語
配偶者 あり
家族 関口まい(次女)
所属 米朝事務所


芸歴
1963年(昭和38年)5月 桂米朝に入門[1][8]し3か月後京都の留置所で「子ほめ」で初舞台。
1966年(昭和41年)初の独演会「朝丸自身の会」開催
1985年(昭和60年)「上方お笑い大賞」金賞受賞
1988年(昭和63年)2代目「桂ざこば」を襲名(襲名の際は初代の墓に参り法要をしている)
1992年(平成4年)「上方お笑い大賞」大賞受賞
1994年(平成6年)上方落語協会を脱退
会長選出方法などをめぐって当時の執行部(特に露の五郎)と対立した桂枝雀一門が脱退し、その脱退問題を話し合う場で、理事の1人が会費滞納を理由に枝雀一門を非難した。その非難に「枝雀兄ちゃんを悪くいうんか」と怒ったざこばが一門を率いて脱退した。
2004年(平成16年)6月21日 上方落語協会に復帰
2007年(平成19年)7月7日 噺家生活45周年・還暦記念公演「桂ざこばの会」を京都の南座で開催
2008年12月 西成区山王のマンション2階に寄席小屋「動楽亭」を開設
2011年 大阪市民表彰受賞。
2012年 噺家生活50周年
2017年 芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

◆得意とするネタ
子は鎹、らくだ、お玉牛、崇徳院、一文笛、肝潰し、厩火事、遊山船、強情、天災、坊主茶屋、不精の代参 など


この記事へのコメント