イオン飲料、飲み過ぎ注意 乳幼児の健康悪化の報告例「過ぎたるは猶及ばざるが如し」



 水分補給に良いとされるイオン飲料やスポーツドリンクなどを多量に飲み続け、健康状態が悪化した乳幼児の報告が、昨年までの10年間で少なくとも24例、31年で33例あったことが日本小児科学会などの調査でわかった。栄養が偏ったためとみられる。こうした飲み物を継続して多量にとらないよう専門家は注意を呼びかけている。

 問題となっているイオン飲料と呼ばれる飲み物のほとんどは、糖やミネラルを含むが、糖をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB1が含まれない。ビタミンB1を含むミルクや離乳食などをとらずに多く飲み続けると、ビタミンB1欠乏症になる。頻度はまれだが、脳症や脚気(かっけ)になることがある。

 同学会などでつくる日本小児医療保健協議会の栄養委員会(位田忍委員長)が昨年、全国約400の学会専門医研修施設に郵送で調査した。これらの飲料を多くとって健康状態が悪化したとみられる症例を尋ね、文献でも調べた。

 委員会によると、1986年以降の報告で、7カ月~2歳11カ月の33人がビタミンB1不足のため、意識障害や浮腫などを起こし、1人が死亡していた。33人のうち24人は07年以降の報告だった。

何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」「薬も過ぎれば毒となる」である。



■暑くなってくると、子どもに冷たいものを飲ませる機会が増えますね。近年、イオン飲料は栄養豊富だとか、健康に良いという誤解をしている人が多いようで、イオン飲料の飲み過ぎによる問題も起こっています。100%ジュースを子どもに飲ませることの是非もアメリカで最近話題になっています。子どもの飲み物についてぜひ知っておいてください。
 

 「イオン飲料」とは、カリウムやナトリウムなどの電解質が入っている飲み物のことです。成分や使い方などによってスポーツ飲料とか経口補水液などと呼ぶこともあります。

 虫歯がある子は、ジュースやイオン飲料を飲む習慣があることが多いと、医学雑誌で繰り返し指摘されています。イオン飲料には砂糖が含まれおり、酸性なので、歯のエナメル質が脱灰しやすいのです。
特に、哺乳瓶で飲みながら寝るというのは虫歯の原因になることを覚えておいてください。脱水症状を改善するために飲む経口補水液も、糖分が含まれているので、飲んだ後に寝る際はうがいや歯磨きが必要です。哺乳瓶がないと寝ないという子には、カフェインの入っていないお茶か水をあげましょう。

 また、イオン飲料をたくさん飲むことで、水中毒によるけいれんを起こした例や、ビタミンB1欠乏症となり脚気(かっけ)やウェルニッケ脳症を発症した例も近年報告されています。日本小児科学会雑誌に報告されたまとめ(奥村彰久ら日児誌121(5), 2017)によると、調査期間5年9ヶ月のうち33例の症例が検討したところ、ビタミンB1欠乏症の発症は2歳未満の子が多く、イオン飲料の多飲は生後12ヶ月以内に始まり、中央値で3.5ヶ月間、1000ml以上の量を毎日飲んでいたということです。その後の経過が判明したお子さん27例中1例が死亡、12例に障害が残りました。どの症例も極端な偏食があったり、離乳食をほとんど食べていなかったりしました。

 ここまで深刻な例はなかなかないとは思いますが、日常的に多量のイオン飲料を飲むのはダメです。経口補水液に記載されている一日あたりの摂取の目安量は、乳児は体重1kgあたり30-50ml、幼児が300-600ml、学童から成人で500-1000mlです。1-2歳の子どもの体重は9-12kgくらいなので、治療を目的としないイオン飲料は1日に500ml以下にしましょう。



 年長児から成人に近い体格の子でも、イオン飲料や清涼飲料水を大量に飲むことで、「ペットボトル症候群」と呼ばれる急性の糖尿病を起こすことが知られています。そして、経口補水液は塩分が多いので、治療としてではなく日常的に飲むことで塩分の過剰摂取の原因になることがあります。

 こうしたことの背景には、保護者や子ども自身がイオン飲料に対して、いいイメージをもっていることがあるでしょう。イオン飲料は栄養が豊富であるとか、ビタミンが含まれていると思っている保護者がいるというアンケート結果があります(日児誌 同)。でも、成分表を見ると、入っているものは水、糖類、電解質、クエン酸、香料であり、栄養が豊富でもビタミンは添加されてもいません。

 Twitterで、保健師や看護師に「イオン飲料さえ飲んでいれば大丈夫だから」と乳児健診で言われたという人がいました。ビタミンB1を3週間摂っていないと欠乏症になることが分かっています。日常的にイオン飲料を飲むだけでは、ビタミンB1以外の栄養素も必ず欠乏します。その保健師や看護師がどのように話したのか分かりませんが、保護者の人がどこかを誤解してしまったのではないでしょうか。外来でもイオン飲料を飲むことを勧めることがありますが、医師たちも丁寧に説明しないと誤解されかねません。

 経口補水液が推奨されるのは、胃腸炎や熱中症のときで、脱水対策にとても効果があります。その際には、体液の成分に近くて吸収されやすい「経口補水液」や「ORS」と書いてあるものを使いましょう。大人用のスポーツ飲料など普通のイオン飲料は、治療効果が高くありません。そして、急速に水と電解質、糖質が必要でないときは、経口補水液を日常的に飲む必要はありません。

お腹を壊しておらず、風邪で咳と鼻水があるというときは、水やカフェインの入っていないお茶で構いません。お腹を壊していても1-2回程度の嘔吐や下痢なら、普通の水分でいいのです。ただ、妊娠中でつわりがひどく特定のイオン飲料しか飲めないとか、発達障害に伴う極度の偏食でそれしか飲めないという際には、主治医と相談しましょう。点滴やサプリメント、代替食などの方法があるでしょう。

 

 同様に100%の果汁でできたジュースも注意が必要です。アメリカ小児科学会は、2001年と2006年に生後6ヶ月未満の子どもには、肥満や虫歯の観点から100%ジュースを飲ませるべきではないと表明しました。一番新しい勧告では、「1歳未満の子どもに推奨しない」とより厳しい内容になりました。

 100%と聞くと、健康的なイメージが浮かぶかもしれませんが、ジュースの栄養は、果物そのものより劣ります。ジュースでは食物繊維は摂れないし、低温殺菌されていない製品は、子どもにとってよくありません。お腹が張ったり、お腹が痛くなったりすることがあります。

 ニューヨーク・タイムズによると、アメリカでも保護者は子どもに100%果汁のジュースを与えることは必要だ、と思っている人がいるようですが、専門家に否定されています。

糖分とカロリーの面で、100%ジュースは果物よりも清涼飲料水に似ています。子どもにとって、清涼飲料水は危険ではないけれど必要なものではありませんね。100%ジュースはおいしいので、飲みすぎて食事が減る危険性があるし、他の清涼飲料水に移行していく入口になることもあります。アメリカ小児科学会は100%ジュースの一日最大摂取量を1-3歳は4オンス(118ml)、4-6歳は4-6オンス(118-177ml)、7歳以上は(236ml)と言っているので、参考にしましょう。

★アピタル・森戸やすみ(もりと・やすみ)小児科医より
小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在は一般病院の小児科に勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(メタモル出版)、共著に『赤ちゃんのしぐさ』(洋泉社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。



★イオン飲料とは
汗をかいた時などに水分とともに失われるナトリウムやカリウムなどの電解質(イオン)が入っている飲み物。浸透圧が低めなので、素早く体に吸収される。商品によって含まれる成分の種類や、飲みやすくするための糖分量には差がある。スポーツ飲料、機能性飲料など呼び名も様々。

カリウム、ナトリウムなど各種の電解質(でんかいしつ)を含む水のこと。でも、水代わりに飲ませてはいけません。習慣的に飲むと糖分が含まれているのでむし歯の原因にもなります。下痢や嘔吐で脱水が心配されるときは乳幼児用のイオン飲料が勧められますが、症状が軽くなったら中止しましょう。

※「過ぎたるは猶及ばざるが如し」の類語
及ばぬは猶過ぎたるに勝れり/薬も過ぎれば毒となる/彩ずる仏の鼻を欠く/大吉は凶に還る/名の木も鼻につく/念の過ぐるは無念/分別過ぐれば愚に返る/礼も過ぎれば無礼になる

【英語】 More than enough is too much.(十分以上は多過ぎる)
The orange that is too hard squeezed yields a bitter juice.(オレンジを強く絞り過ぎると苦いジュースができる)
Too much of one thing is not good.(何事によらず過度は良くない)


この記事へのコメント