歯周病の病歴を持つ女性では、がんの発症リスクが14%上昇する

歯茎の病歴を持つ女性は、特に食道がんや乳がんなど、何種類かのがんを発症するリスクが高くなることが、1日に発表された米研究で明らかになった。  米がん学会(AACR)の学会誌「Cancer Epidemiology, Biomarkers and Prevention(がんの疫学・生体指標・予防)」に発表された論文によると、歯周病の病歴を持つ女性では、がんの発症リスクが14%上昇する。 …

続きを読む

腸管出血性大腸菌O157の集団感染が8月2日札幌市で発生

札幌市は8月2日、同市の病院で腸管出血性大腸菌O157の集団感染が発生し、80代の男性入院患者2人が死亡したと発表した。他に8人が発症、6人も感染が疑われるが、いずれも快方に向かっているという。  市保健所によると、7月27日~8月2日、70~90代の男女計16人が発熱や下痢などの症状を訴え、検査の結果、10人の便からO157が検出された。病院食や調理を担当した職員からは検出されておらず、…

続きを読む

桂ざこば脳梗塞で倒れ緊急入院 脳梗塞の傾向と対策

上方落語家、桂ざこば(69)が左中大脳動脈閉塞(へいそく)症、塞栓(そくせん)性脳梗塞で倒れ、緊急入院したことが28日、分かった。所属事務所によると、前日27日に6月1日に開幕する大阪松竹座公演「銀二貫」けいこに向かう途中、ざこばの足元がふらつくなどし、弟子や公演スタッフ、共演者らが「これはおかしい」と救急通報し、大阪市内の病院に搬送された。  事務所によると、搬送当時は「意識はあった」と…

続きを読む

イエメンで流行しているコレラで数週間で209人が死亡し、さらに感染が疑われるケースが1万7200例 ユニセフの報告

国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)は17日、内戦状態にあるイエメンで流行しているコレラにより、ここ数週間で209人が死亡し、さらに感染が疑われるケースが1万7200例に上っていると発表した。  ユニセフのイエメン支部によると、コレラに関連した死者の数は「驚異的に増加」しているという。また同支部の報道官はAFPに対し、コレラとみられる新たな発症例が1日3000件のペースで報告されていると…

続きを読む

「グレリン」が指定難病「レット症候群」の治療に症状を改善する効果あり?

小児期に発症し、運動能力や知能に障害が生じる指定難病「レット症候群」の治療について、体内で生成されるホルモンの一種「グレリン」に症状を改善する効果があることが、聖マリア病院(福岡県久留米市)と久留米大(同)グループの研究で分かった。一部患者への投与で体の震えやこわばりなどの症状が改善されており、新たな治療薬の開発が期待される。  同グループが、国際的な学術機関「世界神経学連合」の機関誌(電…

続きを読む