「善玉菌」を取り入れて腸内細菌のバランスを整えると、クローン病治療の助けになる可能性がある

特定の種類の「善玉菌」を取り入れて腸内細菌のバランスを整えると、クローン病治療の助けになる可能性があるとの研究結果が15日、発表された。痛みを伴う炎症性腸疾患のクローン病の患者数は世界で数百万人に上っている。  クローン病の症状には、頻繁な下痢、発熱、筋けいれん、倦怠(けんたい)感、直腸出血、原因不明の体重減少などがあるが、原因はまだ解明されておらず、根治的治療法は確立されていない。不定期に現…

続きを読む

マダニ感染症にインフルエンザ薬「アビガン(一般名ファビピラビル)」が効果あり!

「マダニ感染症にインフルエンザ薬「アビガン(一般名ファビピラビル)」が効果あり」と愛媛大学などの研究チームが発表 愛媛大学などは9日、マダニなどが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の治療に、インフルエンザ薬「アビガン(一般名ファビピラビル)」が効果を示したと発表した。 グループは昨年、50~80代のSFTSの患者10人に5~14日間のませた。2人は治療開始時に多臓…

続きを読む

夜納豆の驚くべき「美容と健康」に効く効果とは?

夜納豆の驚くべき「美容と健康」に効く効果とは?まず納豆の通常の効果とは1.納豆の四大効果について①血栓溶解作用が高い! 血の塊のことを血栓というのですが、血液の粘性がアップすると血栓ができやすくなります。血栓が原因で、脳梗塞が起こることも多いです。 納豆に含まれているナットウキナーゼには、血液をサラサラにしてくれる効果があります。薬にすると月額2万円分の効果を、納豆を食べることで得られるのです。…

続きを読む

炭水化物の摂取割合が多い人は死亡リスクが高く、脂質の摂取割合が多い人は死亡リスクが低い

炭水化物の摂取割合が多い人は死亡リスクが高く、脂質の摂取割合が多い人は死亡リスクが低い 炭水化物(糖質+食物繊維)の摂取割合が非常に多い人は死亡リスクが高く、脂質の摂取割合が多い人は死亡リスクが低いという意外なデータが、世界の18の国・地域の13.5万人以上を対象にした研究で得られました。■「低脂肪食」は本当に健康に良いのか 現在世界的に用いられている食生活ガイドラインは、低脂肪食(総摂取エネ…

続きを読む

魚介類を多く食べる人はうつ病を発症するリスクが下がる

魚介類を多く食べる人はうつ病を発症するリスクが下がる   魚介類を1日に110グラムほど食べると、うつ病のリスクが下がるとの調査結果を国立がん研究センターなどのチームがまとめ、英科学誌ネイチャーの関連誌(電子版)に26日、発表した。青魚に多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)の影響とみられる。  40~59歳の長野県内の男女1181人について、魚介類の摂取量や病歴、生…

続きを読む