ヒートショックの死亡は交通事故死亡の3倍以上だ! 10大予防法とは?

東京都健康長寿医療センター研究所によると、2011年の1年間に東京都健康長寿医療センター研究所によると、2011年の1年間にヒートショックに関連した入浴中急死者数は、約1万7,000人であったという。これは交通事故による死亡者数(4,611人)の3倍以上にあたる。お風呂を医学的に研究している東京都市大学人間科学部教授で医師の早坂信哉先生は、ヒートショックを防ぐために大切なことを3点紹介している。…

続きを読む

食事もストレスも貯めこまないで~ 1日2-3回の排泄が正常

理想的な排便回数は? 健康の秘訣は食べた物やストレスを「貯めこまず、排泄し、健康体をキープすること」です。 美容と健康のためにも、健康的で理想的な排便回数を知っておきたいところです。 本当に、本当に理想的な排便回数は前の日に食事を食べた回数です。 つまり1日3食食べるのであれば、1日3回排便するのが理想的なんです。 なぜかというと、私たちが食事をして、栄養素を吸収して、…

続きを読む

蜂に要注意! 傾向と対策 黒と香水・化粧は危険!

蜂に要注意 野外で作業する林業従事者はもとより、一般の人々も含めて全国で毎年20人強の方が蜂刺されで亡くなっています。 ◆外遊びでの蜂対策 蜂は本能的に黒を敵だと認識して、攻撃してくる習性があります。 ある実験で黒と白の布で蜂を刺激したところ、ほぼ全ての蜂が黒い布に集まったそうです。 その理由には諸説ありますが、蜂の天敵である熊の色が黒に近いからというものがあります。 …

続きを読む

食中毒などを引き起こす腸管出血性大腸菌の感染者が増加傾向。7~8月にピーク要注意

食中毒などを引き起こす腸管出血性大腸菌の感染者が1週間で45人に上るなど感染が広がり始めた。  気温上昇とともに流行が拡大し、7~8月にピークを迎えるため、国立感染症研究所は注意を呼びかけている。  感染すると、腹痛や下痢、血便のほか、 嘔吐おうと や発熱を伴うこともある。抵抗力が弱い乳幼児や高齢者は、貧血や急性腎不全を起こして死に至る恐れもある。同研究所によると、昨年は9人の死亡が…

続きを読む

イオン飲料、飲み過ぎ注意 乳幼児の健康悪化の報告例「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

 水分補給に良いとされるイオン飲料やスポーツドリンクなどを多量に飲み続け、健康状態が悪化した乳幼児の報告が、昨年までの10年間で少なくとも24例、31年で33例あったことが日本小児科学会などの調査でわかった。栄養が偏ったためとみられる。こうした飲み物を継続して多量にとらないよう専門家は注意を呼びかけている。  問題となっているイオン飲料と呼ばれる飲み物のほとんどは、糖やミネラルを…

続きを読む